業者への連絡

木漏れ日と木

太陽光のエネルギーを利用した発電は1954年にアメリカで発明された太陽電池が始まりです。
まだ歴史は浅く、太陽電池の発明から60年しか経っていません。
しかし、60年という短い期間の間にこの技術は飛躍的に進歩しました。
特に、石油危機が起こり日本経済が直撃され混乱を生んだことが、国家規模で太陽光エネルギー開発を行うきっかけになりました。
当時、通産省はサンシャイン計画と名付け1974年から2000年まで太陽光開発の長期的な計画が立てられました。
1980年代からは太陽光が一般家庭にも普及し始めます。
太陽光による給湯システムも開発されより生活に身近になりました。
近年では、家庭で電力を発電、蓄電を行えるシステムなども開発されています。

これまでの太陽光エネルギーを利用した発電は一般家庭などの住宅でどんどん普及しました。
しかし今後は一般家庭に加えて、企業での設置が増えていくと予想されています。
大規模なメガソーラー施設を設置できる大企業だけでなく、中小企業でも屋上や空いた土地があれば安価で発電効率のいいパネルを設置することができるようになってきました。
10年程度で設置費用を回収できるため、長期にわたって安定して利益を得ることができる発電ビジネスとも言えます。
今後は地方の中小企業などもソーラー発電を取り入れていくと考えられます。
一般家庭でも、パネルの低価格化が進めば家の屋根だけでなくカーポートの屋根などへの設置も増えていくでしょう。