メガソーラーの利点

雲と太陽光

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを利用して電気を生み出す発電方法です。
石油や石炭といった化石燃料に頼らないクリーンエネルギーとして注目をされています。
しかし、この発電をするためには専用のパネルが必要でこのパネルの価格が非常に高額であったのと重量があるために日本国内ではなかなか普及しませんでした。
ただ、近年エネルギー政策の見直しが行われさらに技術が進歩したことによって専用の発電パネルの価格が安価で、しかも軽量なものが作られるようになりました。
さらに電気代全体の値上がりを受けて、自宅でもパネルを設置して、自分の家で消費する電気を自分でまかなうという方法がとられるようになって、各家庭でも普及してきています。

太陽光発電の人気が高まってきた背景として、あまった電気の販売があります。
これまでは発電した電気は基本的に自分の家で利用してきました。
しかし、太陽光は日によって発電することのできる量にむらがあり、あるときには余剰電力となってしまいました。
そこで、電力各社がこの余剰になった電力の買取を始めました。
こうすることによって太陽光パネルを設置している家では、自分の家の電気代を浮かせることができるだけでなく、余った電気を買い取ってもらって自分の家の資産とすることができるようになりました。
この制度によって太陽光パネルの設置は、自宅の電気代を浮かせるだけでなく、将来に向けて蓄えをすることができる投資の意味を持つようになり人気が出ています。