太陽光で省エネ

太陽とソーラーパネル

太陽光を利用して、私たちの生活に必要なエネルギーをつくる、というのが太陽光発電です。
太陽を利用する事から分かるように、エネルギーは環境面から考えても非常に優れています。
まず、この発電は太陽の光のエネルギーを吸収することで行えます。
その吸収にはソーラーパネルが使われます。
そのため環境に影響を及ぼすことがありません。
この発電方法は、火力発電のように大量の燃料を使ったり二酸化炭素を発生させることも無く、水力発電のように行える場所が限られることもないため、現在最も注目されています。
太陽光エネルギーは、電気として家庭に供給されるだけでなく、熱としてさまざまな事に利用されるなど、現代社会に欠かせない物となっています。

太陽光エネルギーの使用などには、たくさんの特徴があります。
まず太陽光で発電を行う装置は、基本的にどこにでも設置ができ、排気や騒音などが一切出ません。
これは、ソーラーパネルに光を当てるだけで発電ができるしくみだからです。
また、燃料の使用や温室効果ガスの排出もありません。
この発電は蓄電池を使用することで、電気を蓄積させることができます。
そのため非常用の電源として利用する事も可能です。
ただし、太陽の光を利用するため、天気が悪いと出力が落ちてしまいます。
汚れや噴火による灰、雪や影などにも注意が必要です。
大規模な装置は不要で、一般家庭でも機械を設置することができるため、とても身近なエネルギーだと言えます。